体験詳細トップ
京都|岡崎
お気に入り登録マーク

京都「平安神宮」神職と巡る特別拝観ツアー −正式参拝と貴賓館「尚美館」見学&ランチコース付き−

体験詳細サブメイン
イメージ拡大マーク
体験詳細サブ1
体験詳細サブ2
体験詳細サブ3

22 +
もっと見る

体験の概要

平安遷都1100年を記念して創建され、京都の文化・伝統を象徴する名所である平安神宮。本体験では、本殿に近い内拝殿での正式参拝をはじめ、普段は入ることができない「尚美館」を神職のご案内により特別に拝観します。さらに、京都の四季を感じる食材を使った特別なランチコースを、Otonami限定のウェルカムドリンクと共にご用意。食後には、国指定名勝庭園「神苑」を自由に散策できます。

体験の特徴

・平安神宮内拝殿での正式参拝と、神職のご案内により貴賓館「尚美館」を見学する特別拝観ツアー。
・ツアー後、​神苑や泰平閣を眺めながら和洋折衷の特製ランチコースを堪能。Otonami限定でウェルカムドリンク1杯付き。
・明治の有名な造園家・7代目小川治兵衛らの手による国指定名勝庭園「神苑」を散策できます。

11,000円〜
(名/税込)

1〜15名

約150分

開催日を確認

詳しい内容

宮廷風の雅な雰囲気の平安神宮を正式参拝

京都の三大祭りのひとつである「時代祭」が執り行われる平安神宮は、平安京を遷都した第50代桓武天皇と第121代孝明天皇を御祭神として1895(明治28)年に建立されました。多くの重要文化財や登録有形文化財を有し、社殿を取り囲む約1万坪の平安神宮神苑は国指定名勝に指定。24.4mの高さがある参道の大鳥居も、国の登録有形文化財に登録されています。

大極殿から左右に羽根を広げるように延びる回廊

平安神宮が創建された明治時代、京都の街は幕末の戦乱で荒廃。明治維新により首都が東京へ遷ったことは、京都の人々に大きな打撃を与えました。復興を願う人々の熱意により、1000年以上も栄えた京都を後世を伝えるために、平安神宮は誕生。その後、皇紀2600年にあたる1940(昭和15)年に、平安京有終の天皇・第121代孝明天皇が合わせ祀られました。

朱塗りが美しい外拝殿(大極殿)。左近の桜と右近の橘が植えられている

本体験は崇高な正式参拝からスタート。外拝殿(大極殿)で参拝する一般参拝に対して、正式参拝は本殿前の内拝殿に上がって神職の奉仕のもとに行われます。正式な参拝なのでセミフォーマルな装いで心身を引き締め、真心を込めて神恩感謝をお伝えしましょう。

玉串拝礼ののち、神職より御祈祷を受ける

通常非公開の貴賓館「尚美館」を特別に見学

正式参拝の後は、東神苑を少し歩いて通常非公開の尚美館(しょうびかん)へ。京都御所にあった京都博覧会の中堂を貴賓館として移したもので、神苑を代表する建物となっています。約100年の歴史を持ち、平安貴族の館で知られる神殿造で、池に張り出した釣殿風の優美な建物です。一般の方は入ることができない尚美館を、平安神宮の神職のご案内で特別に見学することができます。

迫力ある松が描かれた松の間と格式高い鶴の間

尚美館には、松の間、竹の間、梅の間、そして特に格式の高い鶴の間の4つの部屋があります。襖絵は、日本最後の大和絵の名手といわれる日本画家・望月玉渓(1834-1913)が描いたもの。柔和で品格のある自然や動物の描写を間近に鑑賞することができます。梅の間には、時代祭りの衣装である十二単や鎧兜なども展示されています。

日本画家・望月玉渓による美しい襖絵を間近に鑑賞できる

尚美館から東山を借景とした東神苑を一望できるのも楽しみのひとつ。橋殿と呼ばれて親しまれている、楼閣を備えた泰平閣の優美な姿も眺められます。室内から見る泰平閣は、障子を額縁とした絵画のよう。格式高い御殿からの景色を心ゆくまで堪能しましょう。

泰平閣は、尚美館と同じく京都博覧会の常設会場の一部として京都御所に建てられていた

京を感じる和洋折衷のフルコース仕立てのランチを

東神苑の栖鳳池の南側に位置する平安神宮会館がランチの会場です。平安神宮御鎮座70年並びに孝明天皇100年祭を記念して境内に建てられました。一部に池を取り込んだ高床式で庭園と調和。入母屋造の優雅な会場で特別なランチコースをいただきます。

泰平閣と尚美館を望む平安神宮会館で優雅なランチタイム

提供されるのは、京野菜をはじめ四季折々の京都の食材を贅沢に使い、フレンチの技法を用いてつくられるコース。平安神宮会館のシェフ・浦野明氏が考案した旬の食材で奏でる和洋折衷のメニューです。見た目にも華やかな平安神宮会館オリジナルの“塗りの松花堂”をはじめシェフのこだわりが詰まったお料理を、四季折々に美しい神苑を眺めながら堪能しましょう。

目にも美しい品々が並ぶ“塗りの松花堂”

さらに、Otonami限定のウェルカムドリンク(スパークリングドリンク)は、桜を意識したオリジナルのカクテルをご準備(内容は季節により異なります)。尚美館や泰平閣を望む絶好のロケーションで、贅沢なひとときを過ごせます。

旬の桜鯛を使った春らしい魚料理(メニューは一例です。内容は仕入れ状況により変更することがあります)

四季の花々と植物が美しい神苑を散策

食後には、神苑を自由に散策することができます。明治時代の代表的な池泉回遊式の日本庭園である平安神宮神苑。京都の円山公園や仁和寺庭園、東京の国際文化会館や旧古河庭園など、多数の有名庭園・茶室を手がけた名作庭家・小川治兵衛が手がけました。​平安京1000年の造園技法の粋を結集した庭園として高く評価され、1975(昭和50)年に国指定名勝となっています。

明治時代を代表する名庭東神苑

四季折々に風光明媚な趣を見せる神苑は、様々な生き物の自然の営みに触れることができます。『竹取物語』や『古今和歌集』、『源氏物語』などに登場する草木約180種類を植栽した南神苑、​花菖蒲やスイレンなど美しい植物が水辺を彩る西神苑、京都御所から移築された​尚美館や泰平閣を擁する東神苑、豊臣秀吉が造営した三条大橋と五条大橋の橋脚でつくられた臥龍橋のある中神苑など、見どころが尽きません。

京都の人々の想いが詰まった象徴的存在

正式参拝で心を整え、通常非公開の尚美館や広大な神苑にて古都の歴史に育まれた日本の美に触れ、京都の食材を使った和洋折衷のコースを堪能するひととき。山紫水明の眺めで森厳な境内は、どこに身を置いても、平安神宮の創建に尽力した京都の人々の想いが伝わってくるように感じられます。古き良き京都を継承しながら新しい京都の象徴にもなった平安神宮へ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

完成当初は日本で最も高い鳥居だった大鳥居。春には水辺に咲き誇る桜に彩られる

事業者画像

提供
平安神宮

1895(明治28)年、平安京遷都1100年を記念し、遷都した第50代桓武天皇を御祭神として創建。1940(昭和15)年には平安京最後の天皇である第121代孝明天皇が御祭神に加えられた。桓武天皇が開いた当時の平安京の正庁「朝堂院」を8分の5の規模で社殿として再現。7代目小川治兵衛の作庭による神苑は、様々な日本の自然情景を見ることができる。2010年に大極殿など6棟が国の重要文化財に指定。岡崎エリアのシンボルである高さ24.4mの参道の大鳥居も国の登録有形文化財。

事業者画像2

提供
平安神宮会館

平安神宮御鎮座70年並孝明天皇100年祭を記念し、平安神宮の境内に1969(昭和44)年に建てられた。20年もの歳月をかけて造られ、国指定名勝庭園である「神苑」の美しい景色を館内から一望することができる。春の紅しだれ桜、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々の風情を感じながらランチやアフタヌーンティーなどを楽しめる。

開催日を確認

開催場所

平安神宮


〒606-8341 京都府京都市左京区岡崎西天王町97
・地下鉄東西線 東山駅から徒歩約10分
・京阪鴨東線 三条駅/神宮丸太町駅から徒歩約15分

予約について

催行決定日よりご希望の日付を選択してください

催行日時|不定期開催 11:00~13:30 ▼ランチコースのメニュー例 ※Otonami限定のウェルカムドリンクとしてスパークリングドリンク1杯をご用意します。 ※内容は変更になる場合がございます。 【2024年6月】 ・前菜:松花堂仕立て あゆ寿司(大葉・ごま)蓼、モンコイカとホワイトアスパラのイカ墨和え、丸十の甘露煮、春子の踊り揚げ南蛮漬け、とうもろこしのかき揚げ、翡翠なすエビそぼろあんかけ、青煮梅ゼリーかけ、オクラのアスピック、香草クリームチーズ ・2品目:新緑野菜のクレーム キュリー風味のフリット添え ・メイン料理:日吉豚フィレ肉のロティ スパイスパン粉 パプリカのバスク風 ・デザート:パティシェ特製デセール“紫陽花” 【2024年7・8月】 ・前菜:初夏の神苑 松花堂仕立て  サツマイモの甘煮、鰻とズッキーニ和物、箱寿司、あゆの煮凝り (糸うり)、トウモロコシのカダイフ揚げ、伏見唐辛子とちりめんじゃこの和物、枝豆の真蒸、日吉豚のリエット、スモークサーモンのタルトレット ・2品目:鯛とトマトのオーブン焼き ・メイン料理:牛肉と夏野菜のオモニエール仕立て ・デザート:煎茶のジュレと御抹茶のあんみつ仕立て

※日により開始時間が異なる場合があります。詳しくは催行決定日の日付をクリックして、開始時間をご確認ください。

現在ご予約が可能な催行日がございません。

即時予約

リクエスト予約

残数僅か

受付終了

開催なし

〇即時予約は、Otonamiサイト上で予約が完了した時点で予約が確定します。
□リクエスト予約は、お客様のリクエストに沿って空き状況を確認、後日予約の受付可否をご連絡します。


料金

11,000円〜(名/税込)
※桜や紅葉の時期などは金額が変動する可能性があります。
料金に含まれるもの 体験料、施設利用料、ランチ(ウェルカムドリンク付き)


催行人数

1回15名限定
※1名からご予約いただけます

・当日はOtonamiプラン以外のお客様とご一緒になる場合がございます(最大30名程度)。あらかじめご了承ください。
・お席の都合上、ランチの際に相席になる可能性がございますのでご了承ください。相席をご希望されない方は2名以上でのご参加を推奨します。


体験の流れ

1.平安神宮会館のロビーに集合(体験開始の15分前にお集まりください)
2.平安神宮にて正式参拝(約30分)
3.神職による尚美館見学ツアー(約30分)
4.平安神宮会館にてお食事(約90分)
5.解散

※上記の流れは目安です。当日の状況によって変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※2024年8月~2025年2月末日の間、平安神宮本殿の塗装工事・耐震補強工事が予定されております。期間中は本殿での正式参拝は変わらず実施可能ですが、本殿全体にカバーがされるなど、当日の景色が写真と一部異なる場合がございます。恐れ入りますが、ご理解の上お申し込み・ご参加いただきますようお願いいたします。


キャンセルポリシー

開催72時間前を過ぎてのキャンセル:ご予約料金の100%


お持ち物

特にございません。


服装

正式参拝の際は、派手すぎる服装や奇抜なデザインのもの、カジュアルすぎる服装はご遠慮ください。


お支払方法

クレジットカードでの事前決済となります。


参加条件

13歳以上、18歳未満の方は保護者の同伴が必要です。
※お子様がご参加される場合、同伴者の方も1名様分の料金を申し受けます。


予約期限

開催日の7日前まで。


特記・免責事項

・やむを得ない事由により中止になる場合や体験内容に変更が生じる場合があります。あらかじめご了承ください。

・本体験はすべて日本語で催行されます。お時間の都合上、進行速度への配慮ができかねるため、通訳を介する必要があるお客様のご参加はご遠慮いただいております。ご理解とご了承をいただけますようお願いいたします。
(This experience will be conducted in Japanese. Due to time constraints, we cannot accommodate adjustments to the pace of the event for translation purposes. Therefore, customers who require an interpreter are kindly asked to refrain from participating. Thank you for your understanding.)

・2024年8月~2025年2月末日の間、平安神宮本殿の塗装工事・耐震補強工事が予定されております。期間中は本殿での正式参拝は変わらず実施可能ですが、本殿全体にカバーがされるなど、当日の景色が写真と一部異なる場合がございます。恐れ入りますが、ご理解の上お申し込み・ご参加いただきますようお願いいたします。

よくあるご質問

駐車場はございません。お車でお越しの場合は近隣のコインパーキングをご利用ください。

正式参拝中(社殿内)の写真撮影のみ不可となります。

開催日を確認

おすすめの記事

Recommended Articles